蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

検索結果11

蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

本人紹介

磯井正美(いそい・まさみ 1926~)。蒟醤(きんま)は漆塗りの面に文様を彫り、色の漆を埋め込み研・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

素地仕上げ

できたばかりの素地には細かい傷や木材のはぎ目などがありこのままでは綺麗に塗ることができない。そこで・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

和紙貼り

素地を補強するための工程。糊漆で素地に布を斜め貼りした後、和紙を貼り重ねる。和紙は素地のカーブに無・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

中塗り

刷毛の抵抗と刷毛目の大きさ、ゴミのつき具合を見ながら、厚過ぎず、薄過ぎず、平均の厚さに黒漆を塗る。・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

彫り

十分に乾燥させたあと、文様を漆面に転写する。その後、点彫りを行う。点彫りには、鋭敏なケンを用いる。・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

色埋め

蝶の文様を全神経・全技術を剣先に集中して、彫り進める。その後、蝶の文様の彫り口に、筆で丹念に鮮やか・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

炭研ぎ

全体の色埋めが終わると、炭で文様を研ぎ、無駄な漆を研ぎ払う。これを炭研ぎという。


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

油砥の粉胴摺り

菜種油を含ませた砥の粉(とのこ)を柔らかい木綿布などにつけ、全体を摩擦して摺り磨く。漆の表面にある・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

角粉磨き

角粉(つのこ)は鹿の角を密閉した土器に入れて焼き、さらに火鉢や炉の灰に埋めて焼いて白色にし、砕いて・・・


蒟醤-磯井正美(きんま-いそいまさみ)

完成作品

半年掛けて仕上がった「蒟醤涼風箱」。これほど完璧な作品の完成にもかかわらず、「製作期間中に自分も成・・・


上に戻る