彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

検索結果14

彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

本人紹介

音丸耕堂(おとまる・こうどう 1898~1997)。彫漆(ちょうしつ)とは、素地の表面に漆を塗り重・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

塗り重ね表

文様で使用する色をどの順番にどれだけの分量を出すかという計画を立てていく。ここでの緻密な計算を基に・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

塗り

漆を何十回、何百回と塗り重ねていく工程。漆を百回塗って三、四ミリの厚みにしかならないほど、手間と時・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

コメント

「スケッチをしないで下絵を描くことはない。若い時から、どんなに忙しくても一日一枚はスケッチを描いて・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

下絵描き

漆が塗り重ねられた素地の上に下絵を描く。彫り間違いは許されないために行われる工程である。


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

針描き

下絵に沿って、彫刻刀で最下層の白い地肌の部分まで切り込みを入れる。


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

地下げ

針書きした切り込みに沿って、白い地肌をうかす作業。まず、文様のアウトラインから切り込む。関連資料:・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

肉つけ

塗り重ねた色漆を彫り下げて、削り口に色漆の層がでるように文様を浮き立たせる。このように大体の構成が・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

炭研ぎ

肉つけした部分を炭で研ぐことにより、削り口を平らにする。このとき、削り口を炭で傷つけないよう、使用・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

沈金(ちんきん)

沈金とは、漆を塗った表面を刀で彫り、その凹部に金粉や金箔を埋め込む技法のこと。作品に調子をつけるた・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

完成作品

「カトレヤ文食籠(じきろう)」。カトレヤの見事な文様を黒が引き締めている。全体の形は、乾漆という素・・・


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

作品紹介1

「彫漆八仙花茶器」。生命力あふれる大胆な面の構成である。


彫漆-音丸耕堂(ちょうしつ-おとまるこうどう)

作品紹介2

「彫漆布袋葵文手箱」。布袋葵をテーマにして、葉は一番上の黒を残し、花は黒の下層の紫で表現し、白地は・・・


上に戻る