キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

検索結果13

キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

本人紹介

増村益城(ますむら・ましき 1910~96)。キュウ漆は器物に漆を塗ることやその塗り物のこと。増村・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

粘土模型

漆を塗った後の加飾を一切しないため、作品の形作りのみならず、その装飾をも担うのがこの工程である。こ・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

雌型(めがた)をつくる

粘土模型の外側の型をとることを「雌型をつくる」という。模型を裏返し、その上から石膏を流し固めてつく・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

雄型(おがた)をつくる

石膏でできた雌型の内側の型をとることを「雄型をつくる」という。離型剤として、雌型にカリ石鹸を塗る。・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

和紙・麻布・和紙を貼る

雄型の外側に和紙と布を糊漆で貼り重ねていく。この貼り重ねた部分が素地となる。布を貼る時に繊維の方向・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

高温硬化

貼り終えた素地は雄型をつけたまま高温で短時間焼きつけ、固定させる。すると、素地がとても硬くなり、ど・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

型をはずす

素地が冷めたら水をはって素地と雄型を離し、鑢(やすり)や砥石などを使って素地の表面を滑らかに整え、・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

下地固め

生漆を素地に箆や刷毛で染み込ませることを下地固めという。樹から採取したばかりの樹液からゴミなどを取・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

和紙を貼る

器の表面に和紙の質感を出すため、さらに和紙を糊漆で貼る。文様などの加飾を施さない増村さんの工程では・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

透き漆を塗って仕上げ

朱色の漆を塗った後、透漆(すきうるし)で上塗りを施すことにより、半透明の美しさが加わる。透漆とは、・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

完成作品

柏の葉の形を題材にとった作品「紙胎朱溜葉盤(したいしゅだめようばん)」。関連資料:英語の説明文


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

作品紹介

「乾漆提盤」。優美な曲面と漆の放つ光沢。飾りを徹底して省き、器の形と塗りの美しさを追い求めたことが・・・


キュウ漆-増村益城(きゅうしつ-ますむらましき)

紹介画像一覧

ここで紹介されている画像の一覧。関連資料:英語の説明文

上に戻る