越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

検索結果14

越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

越後上布・小千谷縮布技術保存協会紹介

豪雪の地、新潟県南魚沼郡と小千谷市。この周辺で越後上布と小千谷縮は生まれた。越後の名産・麻の織物で・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

麻の繊維は湿気には強いが、乾燥するともろくなり、扱うのは容易な作業ではない。半年雪続きのこの地は麻・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

撚り掛け

苧麻(ちょま)という麻の一種から取り出した繊維を繋ぎ合わせ糸にする。この糸を糸車のような大きな撚車・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

綛(かせ)取り・伸べ

綛とは麻糸の単位。撚った糸を、綛上枠という竹筒がついた木枠に巻きつけ、480回で一綛となる(約3m・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

木羽定規を用いての墨つけ

絣文様は、図案を木羽定規を用いて経糸(たていと)に染め分けの目印をつける。木羽定規とは薄く割った檜・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

絣括り(かすりくびり)

絣を織るために経糸を木綿糸で巻いて防染(ぼうせん)し、糸を染め分けることを絣括りという。木羽定規に・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

染め

括り終わった糸を染める。麻糸は化学染料ではうまく染まらないため、自然の植物から採る染料で染める。上・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

括りほどき

絣括りで巻いた木綿糸を解く。括った箇所を解きながら、染め上がりを確認する。


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

ちきり巻き

「ちきり」という織機の装置に経糸を巻きつける。一本一本の糸が間違いなく図柄通り並んでいるかを確認し・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

機織り

もっとも原始的な織機とされる「いざり機」で織り上げる。模様がズレないよう経糸に緯糸を打ち込み、一織・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

足踏み

織り上がり、湯につけた上布や縮布を水に浸して足で踏む。布が柔らかくなり、布目が締まり、汚れも落ちる・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

雪の上で干す

2月を過ぎた冬の晴れた日に雪の上に織った上布を並べてさらす。太陽熱で雪が溶けて蒸発するときに、オゾ・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

完成作品

織り上がった越後上布の「鉄納戸地経入市松取り草華模様」と小千谷縮の「多色割込棒縞」。縮は強く撚った・・・


越後上布・小千谷縮布-越後上布・小千谷縮布技術保存協会(えちごじょうふ・おじやちじみぬの-えちごじょうふ・おじやちじみぬのほぞんきょうかい)

紹介画像一覧

ここで紹介されている画像の一覧。

上に戻る