羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

検索結果12

羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

本人紹介

喜多川平朗(きたがわ・へいろう 1898~1988)京都西陣の老舗「俵屋」17代当主。正倉院の染織・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

昔の織物の研究

喜多川さんの織りの研究は、正倉院裂(きれ)と呼ばれる正倉院に残る古い裂から始まった。大和・奈良時代・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

織り<羅(ら)>

典雅な品格のある菱形の織文様の羅。織りの凹凸が光の加減によってさまざまな表情を生む。平安時代の貴族・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

羅の説明

羅の織文様は、一本の経糸(たていと)を左右の経糸と絡み合わせて織ることで表れる。この経糸の絡みによ・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

羅の歴史

中国で織り方が考案された羅は、7世紀頃に日本に伝わり、奈良・平安時代にさかんに製作されたが、鎌倉時・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

綾(あや)織物の下図描き

かつて公家達が、もっとも頻繁に用いたといわれる綾(あや)織物の製作。これを現代に甦らせるために、ま・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

織り<二陪綾(ふたえあや)>

喜多川さんの作品は、市内西陣にある工場で織られる。俵屋の本領といわれた二陪綾。地文様に、さらに別の・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

織り上がった二陪綾

扇を文様にした織り上がった綾織物である。現代的に新しい感覚の配色にして今の時代の好みに合うようにし・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

織り<紗(しゃ)>

織り目が粗い紗は、機械織のほうが均一ですぐれた品質に仕上がるため、喜多川さんの工房でも紗は織機で織・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

紗の説明

紗は二本の経糸(たていと)が絡みあって、鎖状の格子を表す織物。軽く、薄く透けるため、羅とともに「う・・・


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

紗は現在の皇室の夏の装束にも用いられている。喜多川さんは、長年皇室の装束の織物を制作していた。


羅・有職織物-喜多川平朗(ら・ゆうそくおりもの-きたがわへいろう)

紹介画像一覧

ここで紹介されている画像の一覧。

上に戻る