江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

検索結果14

江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

本人紹介

小宮康孝(こみや・やすたか 1925~)。父の下で14歳から修業、江戸小紋の技術を伝承し、後継者の・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

糊づくり

江戸小紋は糊作りから始まる。糊は、生地の染めない部分を防染するためと、染料を混ぜて生地を染めるため・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

地張り

張り板という一枚板を台の上に載せる。張り板に霧を吹き、刷毛でならして湿らせ、絹の白生地を歪みなく真・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

型紙

江戸小紋の文様は、細かい文様を切り抜いた型紙を布の上に置き、糊を置いて文様を染め分ける。型紙なくし・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

型彫り

江戸小紋の型紙は三重県鈴鹿市白子で作られる伊勢型紙というもの。約9センチ四方に800~1200粒の・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

型づけ

型紙を布の上に置いて、出刃篦(でばべら)という篦で防染の糊を塗る。型紙の切り抜いた部分に糊がつき、・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

地紙づくり

型紙は一反の生地を染めるだけでも50~100回繰り返し使われるため、強靭な紙でなければならない。伊・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

しごき

型づけした布を乾燥させ、再び張り板に広げる。この生地に、染料を混ぜた色糊を塗って布を染めることを「・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

蒸し

しごいた布を木の枠に吊るし、蒸し箱に入れ、30から50分間蒸す。布に染み込んだ染料が、しっかり定着・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

地直し

小宮さんの厳しい目によって、染めの仕上がりを丹念に調べられ、完璧な江戸小紋に仕上げられる。


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

作品紹介

小紋はいわゆる大紋に対する言葉だが、その文様の細かさは微細で、遠目には無地に見えるほど。その文様を・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

コメント(模様について)

亀甲が整然と並んだ型紙。小宮さんは、「コンピュータ等の機械がなかった時代に、目見当で、これだけのも・・・


江戸小紋-小宮康孝(えどこもん-こみややすたか)

コメント(型は人の現れ)

小宮さんは、「昔の職人達が残した小紋の型紙には、その人生がおさまっていると思う。端から端まで気持ち・・・


上に戻る