伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

検索結果15

伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

本人紹介

児玉博(こだま・ひろし 1909~92)。伊勢型紙の産地、三重県鈴鹿市白子に生まれ、父の下で型紙彫・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

割りつけ

割りつけとは、地紙に縞柄を彫っていくための目印をつけることをいう。地紙の上下に星と呼ぶ点の押し跡を・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

縞彫り(しまぼり)

縞模様の型紙をつくる縞彫り。小紋では約3センチの幅に10本から24本の縞筋を彫る。細い縞を微塵のズ・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

錐彫り(きりぼり)

伊勢型紙の彫りの技術のひとつ錐彫り。半円状の刃がついた錐を用いる。この錐を地紙の上に垂直に立て、半・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

道具彫り

道具彫りは、刃先の形自体が花弁型、菱形、三角などになっている彫刻刀で地紙を切る彫り方。一本の彫刻刀・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

突彫り(つきぼり)

突彫りは、小刀を地紙に垂直に突き立て、刃先を上下に動かして型を彫刻する方法。絵画的な図案の型紙など・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

地紙づくり1

型紙に用いる紙は地紙といい、同じ三重県鈴鹿市でつくられている。繰り返しの染めに耐える強靭さが必要で・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

地紙づくり2

貼り合わせた地紙は天日で乾燥させたあと、ゴミや塵をのぞき、10日程おが屑を燃やした煙りでいぶす。地・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

道具彫り師による道具づくり

微細な文様を均一に彫る伊勢型紙では、彫刻刀の切れ味が何よりも大切になる。中でも道具彫りは、彫り師が・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

伊勢型紙による型染め作品1

伊勢型紙で染めた代表的縞柄の作品。星目に定規をあてて、この細かな筋を型紙の端から端まで均一に彫り上・・・



伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

コメント

精緻でかつ均一な文様彫りならばコンピュータの技術でも正確にできる。しかし、児玉さんは、機械がつくる・・・


伊勢型紙縞彫-児玉博(いせかたがみしまぼり-こだまひろし)

型紙の歴史

「型紙は白子」と全国にその名を知られた伊勢型紙。江戸時代以前から、この地に型紙職人がいたことが確認・・・



上に戻る