伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

検索結果13

伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

本人紹介

城ノ口みゑ(じょうのぐち・みえ 1917~)。伊勢型紙の糸入れの貴重な伝承者。糸入れとは、精密な縞・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

水貼り

糸入れをする前日に、型紙を上下二枚にはがし、その下の方の型紙を板に載せ、水で濡らして貼りつけておく・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

型紙彫刻

一カ所彫り損なうと全体がだめになる彫りには熟練した腕と根気が必要。3cm程の間に20本から30本も・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

筋紙(すじがみ)を張る

水貼りした下の型紙を固定するため、筋紙という5ミリ程のテープ状の紙を何本か型紙に貼る。筋紙は5年間・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

糸掛け

糸入れに使う糸は、春に育った繭から取った生糸で、型紙の邪魔をしない極細のもの。糸は、天上に吊るした・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

型紙の貼りつけ

筋紙で固定した下の型紙に柿渋を塗る。糸を掛けた枠をはめ、この上にもう一枚の型紙を貼り合わせ、糸と型・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

目貼り(柿渋)を取る

彫り筋の間に息を吹きかけ、残っている柿渋を除く。息を吹くとき、あまり強い息だとせっかく貼った糸や縞・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

筋紙を取る

最初に貼っておいた筋紙を静かにはがし、二日ほど乾燥させてから、型紙職人の元に型紙を返す。彫った通り・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

完成作品

糸入れした型紙を使って染めた縞柄の完成作品。型紙のなかでも、とくに縞柄は染の時に筋が動きやすく、糸・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

格子状に仕上げた糸入れ

柄によっては、糸を斜めに掛け、格子状に仕上げることもある。型紙の精緻な彫りを損ねずに、糸を入れ元の・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

伊勢型紙による染色風景

糸入れののち完成した型紙を生地の上におき、糊置きを行っているところである。型紙をずらして、柄が正確・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

糸入れの糸について

糸入れに用いる糸は、春に生育した繭のなかでも一番最初に糸を紡いだ細い上等な生糸を使う。生糸とは、繭・・・


伊勢型紙糸入れ-城ノ口みゑ(いせかたがみいといれ-じょうのぐちみえ)

紹介画像一覧

ここで紹介されている画像の一覧。

上に戻る