鐘状火山(しょうじょうかざん)

検索結果9

鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳

長崎県島原半島周辺を、日本の地球観測衛星JERS-1(ふよう1号)で撮影した1997年4月24日の・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(南斜面)

島原半島の南から北方向を8,000mの高さから見た画像です。雲仙普賢岳では、溶岩ドームの一部が崩壊・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(南西斜面)

島原半島の南西から北東方向を8,000mの高さから見た画像です。雲仙岳は、旧火口の中に新しい火山が・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(西斜面)

島原半島の西から東方向を8,000mの高さから見た画像です。島原半島には、標高1,486mの普賢岳・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(北西斜面)

島原半島の北西から南東方向を8,000mの高さから見た画像です。雲仙岳を形成する絹笠火山群には、こ・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(北斜面)

島原半島の北から南方向を8,000mの高さから見た画像です。普賢岳の頂上付近は溶岩で覆われ、ほかの・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(北東斜面)

島原半島の北東から南西方向を8,000mの高さから見た画像です。雲仙普賢岳が噴火した時、ふもとの街・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(東斜面)

島原半島の東から西方向を8,000mの高さから見た画像です。雲仙普賢岳の噴火による火砕流・土石流は・・・


鐘状火山(しょうじょうかざん)

雲仙岳(南東斜面)

島原半島の南東から北西方向を高度8,000mから見た画像です。雲仙岳は、絹笠火山群や九千部火山群、・・・

上に戻る