動画
k-kaa1.mpg
320×240、 567.0KB

縄文人の顔と骨格
縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
顔の移り変わり
縄文人は、ほりが深く、濃い眉と髭、厚い唇、角張った顔である。弥生人は平面的な顔で、薄い眉と髭、薄い唇、曲線的な楕円形の顔である。現代人は両者の血を受け継いだと考えられ、堅い物を食べなくなったせいか、幅が狭く下顎も狭い。(画像提供:東京大学工学部/原島博)

静止画
k-kaa2.jpg
400×600、 55.5KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
縄文顔の復元
縄文人の顔はほりが深く、眉毛は太く濃いもので、目は二重瞼、鼻は比較的大きく、唇は厚かった。顔の幅は広く、全体として横長の四角い顔で、がっしりとした作りだった。(監修:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaa3.jpg
400×600、 69.6KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
縄文男性の頭骨
縄文人は成人式や結婚式、あるいは葬式の時に、わざと歯を抜く習慣があった。また、他の村から嫁いできた者も、一目でそれが判るように歯が抜かれていた。抜き取る歯は前歯が多いが、地域や儀式の種類によって、抜く歯が決まっていた。(写真提供:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaa4.jpg
600×400、 89.8KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
縄文顔の頭骨図
眼窩が上下に広く、上縁が直線的なため、全体として横長で四角い。頬や下顎が張り出して顔の幅が広く、歯槽骨がしっかりとしている。歯は年齢の割によくすり減っており、全体が平らに減っている。そのために前歯はぴったりと噛み合う。(資料提供:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaa5.jpg
400×600、 84.8KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
縄文女性の全身骨格
身長の割には鎖骨が長く、肩甲骨や上腕骨等、筋肉のつく部分は広く盛り上がっている。特に上腕骨の中央は、現代人のように円柱状ではなく、発達した筋肉に押さえつけられて平らな四角柱になっている。(写真提供:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaa6.jpg
400×600、 55.2KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
弥生顔の復元
弥生人の顔は上下に長く、のっぺりしており、鼻は低く、瞼は厚く一重である。縄文人に比べると、眉や髭も少ない。眼球のおさまる眼窩は縄文人のように角張らず、丸い。(監修:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaa7.jpg
400×600、 80.5KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
渡来系弥生男性の頭骨
弥生人の顔は縄文人と違い、全体に上下に長く、のっぺりとしている。また、歯の噛み合わせは、上顎と下顎の歯がはさみのようにすれ違っている。(所蔵先:九州大学)

静止画
k-kaa8.jpg
600×400、 78.3KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
弥生顔の頭骨図
弥生人の顔は縄文人と違い、上下に長く、のっぺりしており、鼻の骨も平べったい。眼球のおさまる眼窩は縄文人のように角張らず、丸い。歯の噛み合わせは、上顎と下顎の歯がはさみのようにすれ違っている。(資料提供:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaa9.jpg
400×600、 86.0KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
渡来系弥生男性の全身骨格
弥生人の手足は長く、身長は明らかに縄文人よりも高い。男性は平均して164p、女性は150pほどだった。(監修:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaaa.jpg
600×400、 94.6KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
頭骨の比較図
縄文人の顔は現代の日本人よりも、上下に短く、幅が広い。頬骨が大きく張り出し、頑丈な顎を持つ事から、噛む力が強かった事が窺える。現代の若者は体重の半分程しか噛む力がないが、縄文人は体重の2倍近くの噛む力があったと考えられる。(資料提供:国立科学博物館/馬場悠男)

静止画
k-kaab.jpg
400×600、 79.2KB
縄文人の顔と骨格縄文人と弥生人の骨格骨格の比較
全身骨格の模式図
足の骨から縄文人の平均身長を推定すると、男性は158cm、女性は148cm程度である。しかし、縄文人は四肢の末端近くが相対的に長い。腕や足の末端近くが長いことは、走る事、つまり狩猟生活への適応であると考えられている。(資料提供:国立科学博物館/馬場悠男)

[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。